サビが生じている古銭を高く売る工夫

古銭はコレクションアイテムとして人気があるので中古市場では定番の売れ筋商品です。特に発行枚数が少ないなどの希少品は高額な査定額が付くこともありますが、その一方で変色やサビなどの損傷があると価値は大きく低下してしまいます。希少性の高い古銭でもサビが生じているだけで極端に価値が低くなるケースもあるので、手持ちの古銭を高く売るためには劣化しないように気を配ることが大切です。古銭の中でも金属製の硬貨はサビが生じやすい傾向があります。古銭によってはサビの付着が歴史的な価値を生み出すこともありますが、大多数の古銭はサビの付着で価値が低下するのが普通です。しかし、素人作業によるサビの除去は古銭そのものを傷めてしまうので避けます。サビが付いている古銭はそのまま業者に査定してもらうのが無難な対処法ですが、そのままでは価値を低く査定されてしまいます。同年代に発行された、額面の異なる古銭と揃えてセットで査定してもらうなど、売り物としての価値を高める工夫を施すのが傷んだ古銭を高く売るための工夫です。